東京都渋谷区上原1丁目32-5 ロイヤルテラス 501 " Doppietta-Tokyo ドッピエッタトーキョー ”

Leica Summicron-M 35mm f2 1st 8-Element

SUMMICRON 8-Element
1958年に登場した、伝説的なレンズがこのズミクロン 35mm F2のファーストモデルです。

洗練されたデザイン(60年近く前のものだとは思えません)、6群8枚のガラスを使用し「8枚玉」として知られています。

多くの写真家やライカユーザーに「8枚玉は別格」と言わしめるほどの1本。

現在のライカのレンズはブラックのカラーが一般的ですが、このシルバークロームの質感はものすごいです。

光沢はありますが、マットの中間のような、絶妙な色合いです。金属感はあるものの、無骨ではなく。

肝心の写りはピントを合わせた部分はしっかり描写して、それ以外は少し柔らかめという感じです。

薄暗いところと真っ暗なところがしっかり分かるような階調の豊かさが特徴だと思います。

光と影が強いところでは特にそれを感じられるでしょう。

22

Le0021の2Le0021の1

P7230356 P7310349 P7300164 P7300157 P7300156 P7300155 P7230376 P7230358

ドッピエッタトーキョー Summer SALE 開催中。
新入荷。Leica Summilux-M 35mm f/1.4 ASPH 6bit

@doppietta_tokyo_jp

MENU

Back

Share to